業者によって料金が異なる!どのタイプがぴったりか?

売上に応じて費用が掛かるタイプ

同じような能力の営業担当者が、同じような商圏で営業活動をすれば大体同じような結果が出るはずです。通常は全く同じ担当者、商圏になることはありませんが、行動によって売り上げが変動するのは考えられることです。テレアポ代行業者を利用するとき、料金がどう決まるかがあります。ある業者は成果に応じて決まる仕組みです。売り上げがいくら上がればその何パーセントなどです。逆に全く売り上げが上がらなければ一切費用はかかりません。

電話コールの件数によって金額が変わる

ベテランの営業担当と新人が電話コールをすると、おそらくベテランの方が多くアポを取れ、売上につながることになるでしょう。となると1回の電話コールの価値はそれぞれで異なりそうです。でも、テレアポ代行を行う会社の場合、電話コールを専門にしている会社です。ですからすべてがベテランの営業担当と言っても過言ではありません。料金の決まり方としては、コール数になる場合があります。業者によって質が異なるので、試して結果が伴ったら本格的に使うようにすると良いでしょう。

時間当たりで料金が決まる

会社に営業担当者が少ない場合、担当者が昼間に全員外出してしまうことがあります。そうなるとその間に電話対応する人がいなくなります。もちろんアポを取る人もいません。そこでテレアポ代行を利用します。時間当たりで利用することが出来、朝の1時間、夕方の1時間などで金額が決まります。日によって営業担当者の数が変更するときなどは、その時に応じて利用するなどが可能です。1時間当たりどれくらいコールしてくれるかなどを聞いておきましょう。

テレアポ代行とは、その名のとおり個人や企業を対象に代わりに電話で訪問アポイントを取ってくれるサービスです。