パッケージ化された開発が進む業務システム!

業務システムのパッケージ化

業務システムを導入して現場を円滑に動かせるようにしていくのは多くの企業が取るアプローチとなりました。その影響を受けて、広く一般的な企業で行われている業務システムをパッケージ化して一つのシステムで動かせるようにする動きが強まっています。ユーザーとしても同じシステム上で全てを扱えることから使い勝手が良く、データの互換性もあって効率的に業務を行いやすいのがメリットです。パッケージ化はユーザーにとって便利な傾向でしょう。

典型的な三つのシステムの統合

典型的に用いられている三つのシステムは特に統合が進められています。勤怠管理、給与計算、経費精算の三つの業務システムはそれぞれ導入する企業がありましたが、これらは互いに密接に関わり合っているため、一つのシステムにパッケージ化が進められてきました。勤怠管理の結果が自動的に給与計算に使用され、経費精算の結果も合わせて個人に対して明細の発行とお金の振込が行われるといった形で稼働させることができるからです。

拡張による活用も可能

パッケージ化が進んだことにより、システム開発を担っている業者側では拡張への対応も行っています。もともと勤怠管理システムだけを導入した場合であっても、バージョンアップによって給与計算や経費精算などの機能を付加させることにより活用の幅を広げられるように対応しているのです。業者によって有償無償の違いはありますが、既に導入してしまった企業であっても便利なパッケージシステムを簡単に利用することができるでしょう。

notesのバージョンアップを行う際は、まず社員達が求めているものを明確にする必要があります。社員達のニーズとのミスマッチが生じると、高い費用を出しただけの結果に終わることもありえます。